読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ありて幸福

一介の若俳おたくのブログ

遠征とバスタ新宿

雑記

 

自分の住んでいるところからかなり遠い場所*1でする舞台やイベント、すなわち現場へ行くことは、よく遠征と呼ばれます。

その遠征を多くする層は、多くの現場の会場となる劇場などがある関東、主に東京から遠く離れた地に住む地方民。私は関西民で、九州などに比べたらわりと東京は近いですが、「東京や関東に行くのに新幹線とかないと辛い」地域に住んでいるので、今回は地方民という事にしておきます。

 

そんな地方民が、どんな方法によって遠征するか、といえば、

  1. 新幹線
  2. 高速バス(夜行バス)
  3. 飛行機

などが挙げられると思います。が、私のような「交通費に金かけたくないし、かけられるほど金はない。常に金欠です。」という層は少なからず、表立って言わないだけで居ると思うんですね。そんな層の御用達といえば、夜行バスでしょう。新幹線高いし片道だけでもチケ買える、飛行機も安い時あるけど空港から会場への移動がめんどくさそう、というのが頭によぎってしまう。

そう考えると高速バスは、到着地が豊富、1と3に比べると安価*2、夜行の場合朝に着くので準備を済ませればマチネの時間も余裕を持って行ける、など車酔い、身体が痛くなる、事故る可能性などを気にしなければ地方民にはとても優しい乗り物だと私は思っています。

 

さて、そんな遠征しないとたくさん推し見れない層、夜行バスヘビーユーザーの地方民の今年の衝撃ニュースといえば、バスタ新宿です。

利用した事のない方に簡単に説明させていただくと、たくさんの高速バスの出発地・到着地になるものの、会社によって場所にバラつきが多く、土地勘のない地方民を困らせてきた大都会・新宿の、出発地・到着地を1箇所にまとめたのがバスタ新宿です。

そんなバスタが4月に開通し、地方民らはざわざわしたりしなかったりしたと思われます。新宿に劇場わりとあるし、新宿駅から乗り換え無しで行ける劇場も沢山あり、いつもとりあえず新宿まで行く人も多いと思われる。

私はさく●観光をよく利用しています。理由としては、地元から出発地へ行きやすいのと、ただ単に安いからです。ほかの会社も安い時は安いんですけど、支払い方法とか出発地とか変わったらめんどくなさいな、って言うのが1番かも知れません…。そんなさくら観光には、新宿に桜バスフロアという、小さめなビルの中にある、椅子はもちろん、Wi-Fi、トイレ、コンセント、更衣室などが完備されている、出発まで休める待合室がありました。少し狭かったけれど、トイレで着替えるのはマナー的にどうかと思うので更衣室は有難かったし、駅からもわかり易くて遠くない場所にあり、個人的には好きな空間でした。

遠征をちょこちょこするようになった高1の春からお世話になり、「楽しかったな。寂しいな。」と干渉に浸りつつバスを待った思い出深いあの空間は、約1年弱後、バスタが出来たため閉鎖されました。そんなに愛着があった訳ではないけれど、わりと便利だったのになぁと思っていて、バスタを初めて利用したのが今年5月の頭辺り。そこから往復だとしても1回として数えて、たぶん4、5回使ってるっぽいんですが、色々思うことをまとめてみようと思います。

 

バスタ新宿を「地方から来て到着地として使い、帰りは出発地として使う」人間の視点から見たものです。地方へと遠征する方々はあまり同意出来ないかもしれない内容ですので悪しからず。

 

まずいい点から。

 

  • 駅から近いというか駅直結かつわかり易い

バスタに着いて、新宿から会場まで向かって、新宿まで帰ってきてそのまますぐバスタへ行ける、という素晴らしい立地。わかり易いというか、新宿駅向かえば着くし、どでかく「バスタ新宿」って建物に書いてあるから分からない方が少ないと思われる。ただあの真ん前にある、デカイ横断歩道を夜に通る時にキャッチのお兄さんがとてもウザイのはどうにかならないものか。(バスタ関係ない)

 

舞台やイベントにありがちな「直前まで公演時間発表してくれない」という時、とりあえず遅い時間にバス取ったけど思ったより早く終わってお店入ったり友達と時間潰すのもアリですが、究極に金を使いたくない時に活躍するのが、バスタのWi-Fiです。ポケットWi-Fi勢はどうでもよさそうだけども。もう後はバス乗って寝るだけだから電池もそこそこ気にしなくて良いし、Wi-Fiあるから動画とか見たい放題できるし、時間潰すのにはもってこい。しかも、通常の通信速度と同じぐらいという、質のいいWi-Fi!フリーWi-Fiを追い求めている私としては、なかなかに上質だと思います。

 

  • とにかく綺麗

新しいから当たり前なんですけども。汚いところで待つの嫌だし綺麗にこしたことはない。

 

  • ATMがある

お金や財布が寝ている間にスられるかもと思うと怖い&新宿着いたけどお金おろしてくるの忘れた!という場合にもすぐおろせます。その日のグッズ代なども安心。(コンビニ行けばおろせるけれども)

 

 

こう並べてみると、やっぱり立地がデカイですね。迷わないから駅直結大好きですもん。

でも悪い点の方が目立ってしまうのは、私の性格が悪いからなのか否か…

 

ここからは、悪質クレーマーにはならないように気をつけながらも、悪い点、改善して欲しい点などを…

予算の都合とか、場所がないなどは、「こっちはバスタを使わざるをえない立場の消費者なんですが」という理由によりあまり頭に入れておりません。

 

  • トイレ増やして

みんな思ってるはず。女性トイレ、長蛇の列よく作ってます。いつも混雑するのは分かっているはずなのに何故あそこまで少ないのか。何故もっと多く作らなかったのか。他の場所で済ませて来いって言われても、バス乗る直前に済ませたい人もいるでしょうに…。

綺麗で1室(?)がそこそこ広いのはいい事なのですが、夜利用する女性の人数、考えて作って。バスタ仲間のフォロワーさんが「某劇場のトイレをバスタに分けて欲しい」って言ってたのが最高に面白かったです。劇場も混むけどやたら多いところあるのにも関わらずバスタは…と思ってしまう。トイレって後から増やせないのかな…

 

  • 更衣室的な場所が欲しい

トイレが混むのって、数が少ないというのもあるでしょうが、着替えてる人絶対いるんですよね。コスプレでイベント参加する時のマナーと一緒です。やめてください。混みます。でも、寝やすい服装に着替えたい、服シワになるのが嫌だから着替えたい、という気持ちは物凄く分かるので、少なくてもいいから更衣室作るべきだったと思ってしまう。更衣室に長蛇の列が出来ても、急ぎで無いのであれば着替えたい人だけそこに並ぶでしょうし。トイレで着替える人も減る。トイレ問題の解決方法のひとつとしては更衣室良いと思います。

 

  • ロッカーが少なすぎる

あるだけで有難いんですけど!私はアイロンやらコテやら着替え*3を遠征時に持ち込むタイプの人間なので、ロッカーを常に探してます。しかしバスタも新宿駅も全然空いてない。悲しい。でもまぁロッカー少ないのはバスタだけの問題じゃないんですよね。遠征に沢山荷物持ってくるなと言われたらそれまでですけど、舞台や現場には万全の状態で行きたいじゃないですか。素材が悪いし天パなので、化粧をして髪の毛どうにかしないと道すら歩くのがヤバイ人間の事も考えてください。

キャリーバッグとかもウザイですが、キャリーバッグは劇場とかなら預かってくれるし、何気にトートバックなどに入れた荷物の方が重さ感じるしウザかったりする。なので会場着くまでにどこかしらでロッカーに入れたい一心なのですが、先日の真田ではどこも空いておらず大荷物で劇場へと行きました。重いし邪魔だった。

バスタのロッカーに入れたら、帰りのバスに乗る直前に荷物出せるしいい所だらけなのですが、今のところ空いている時を見たことが無い。というかバスタのロッカーすごい安いんですよ。手荷物なら8時間100円です。そりゃみんなバスタの使うでしょ…。

バスタ以外でもどこでも、使用料高くてもいいです、この際。とりあえず数を増やしてくれ。使いたい時には、高かろうが安かろうが使いますから。

 

 

こんな感じですかね。個人的にはコンビニとかキヨスク的な売店作って、軽食*4とかマスクとかメイク落とし売ったらバカ売れすると思ってるんですけどどうなんでしょう。

まぁこんな文句をだらだらと書きましたが、もうバスタあんまり使わないでいい都内に住みたいと思って切ない気持ちになりました。おしまい。

*1:かなりアバウトですが、どの辺りからかという話をしても限りがないので飛ばします。

*2:W●LLERのコクー●とか高級高速バスは除外します。乗ってはみたいが金は出したくない。

*3:大概は行きは寝やすい服装で行き、ネカフェで着替えたりメイクをする。その後バスタのロッカーを確認しに行く

*4:自販機は既にある