読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ありて幸福

一介の若俳おたくのブログ

ただ旅行が楽しかったという話

日記

 

最近、ブログの更新が滞っています。理由としては、「なんかよく分かんないうちにまだ四割しか書けてない記事が5000字超えそう」「書きたい題材が多く、ちまちまと色んなこと書いてたら題材増えすぎた」「日常生活荒れすぎ&忙しすぎ」などアホほどあります。

そのちまっと書いていたもので、一番早く、かつ短く終わりそうだった記事がこれです。タイトルの通り、俳優は全く関係ありません。ただの日記です。

まあ暇なときなんかに流し見てくださいな。

 

 

先日、家族旅行和歌山県に行ってまいりました。白浜周辺。

私の家庭はスタートがいつも遅くて、母以外が(特に私)朝に弱いせいで朝一番から出かける、とかは全く無く、さらに渋滞につかまったので予定より遅くなり、昼過ぎ(14時頃)に和歌山に着き適当に市場をぷらぷらしてから泊まる宿泊施設に行ったのですが、とにかく素敵で…!

 

とれとれヴィレッジという、発泡スチロール*1でできた丸いドーム型の家(?)がポコポコと並んでいて一つの小さな町のようになっているところに泊まらせていただきました。

前々からテレビで見たりなんかして行ってみたいな~と、もそもそしていて、毎年恒例お盆休みの家族旅行が和歌山という事を聞いておっ?と思ったらまさかでした。

 

f:id:mmm7363:20160816020936j:image

 

こんな感じ。石畳の道とドーム型のお家の景色が、どこか違う世界でとても綺麗。異国的というべきでしょうか。ちょっとカプセルハウス*2みたいにも見える。

とれとれヴィレッジ内にはドッグランもあって、部屋によってはペットOKらしく、ワンちゃん連れのお客さんもいました。完全個室なので、小さな子供連れの方もたくさんいたり。普通のホテルなんかだと、夜泣きとか子供さんが暴れたりしたら周りに気を使いますもんね。ちょっとしたアスレチックが出来たりする公園もあるみたいで、私がもっと小さな子供だったら大喜びだったなぁと。あと私が泊まったところは普通でしたが、外装がパンダの顔のもあるみたいでした。可愛かった。

 

お部屋もすごく良くて、部屋風呂*3もトイレも洗面台もキレイで、6人で宿泊したのですが、そこまで狭くなかったです。2~4人部屋だとベッドがある部屋もあるみたいです。友達同士とかカップルでの旅行にも良いですね。(彼氏は今のところいないので)友達と旅行で来たいなぁ。全体的にキレイで非日常的空間でした。それと、部屋の内部もドーム型なので、音が反響してちょっと面白かったです。

 

夕ご飯を食べに連携施設へ行く前、展望台に登って景色を見てみたのですがほんと綺麗で!

 

f:id:mmm7363:20160816024504j:image

 

(夜景撮るの下手くそ過ぎるのはスルーでお願いします。)

全部屋についている天窓と窓から光がポコポコと漏れて綺麗すぎる!写真を送って自慢してた友達に星みたい!って言われて納得しました。素敵だ。残念ながら曇ってたので天窓から星は見えませんでした。残念。

それでも施設とかも充実していて、一つ一つの部屋が違うらしいのでまた泊まってみたいなぁと思いました!

とれとれヴィレッジ、和歌山県への旅行の際にオススメです!(宣伝)(回し者でもない)

南紀白浜で宿泊ならドームハウスのとれとれヴィレッジへ

↑公式HP。

 

 二日目は和歌山アドベンチャーワールドに行って、パンダやらペンギンやらカピバラにわーきゃー言っておりました。

 

f:id:mmm7363:20160816025412j:image

 

f:id:mmm7363:20160816025802p:image

 

たくさん写真撮りすぎたので選抜として、あざといパンダさんと、ペンギンいすぎてもはや狂気を感じる写真を。

カピバラに100円のエサをあげたら全部1回で食べられて、さらに冷たくされたのでもう100円だしてあげても冷たくて、私はカピバラのオキラなんだなぁと思いました。がめつさが凄まじかったのでやはり関西人の血が流れてるのかしら(?)

 

とにかく総括としては、和歌山県イイね!って事です。せっかく海沿い行ったのに泳いでないけど。来年はどこへ行くことやら。そして私の下書きはいつ消費されることやら。

*1:正確には強化発泡スチロールというもので出来ているらしい

*2:ドラゴンボールに出てくる、なんかカプセルに入れて小さくできる家

*3:少し離れたところに連携施設の温泉もある