読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ありて幸福

一介の若俳おたくのブログ

ドルヲタの伯父と俳優ヲタの姪

雑記

 

どうも。アイワズライト2日目お疲れ様でした。3日目も引き続き楽しみです。今回は見る度に違う感想持ちそうで、毎回感想をメモるという謎のマメさを発揮してます。

 

さてさて、連日でのブログ更新になりますが下書きでちょこちょこ書いていたのが完成(?)したものなので、アイワズライト全く関係ないし、俳優もあんまり関係ないです。

 

まぁ、挨拶はこの程度にしておいて、本題に入ります。

 

 

私には、母の兄、つまり伯父がいます。そして、その伯父はドルヲタです。
私ぐらいの年頃の娘がいる母の兄の歳で、独身男性でドルヲタ。

 

一般的には痛く見えるかもしれないけど、身内だから客観視はあまり出来ていないところがある。私にとっては、昔からよく遊んでくれて、母の実家に帰省した時には(実家住まいなので)一緒にご飯を食べに行ったり、たまにお小遣いをくれたり、遊びに連れていってくれたり、父より年上だけど、私には兄が居ないからか、すごく年の離れた兄のような存在である。なので一般的には痛いのかもしれないが、私には伯父が痛いのかはよく分からない。

 

そんな伯父は、いつの間にかドルヲタになっていた。
何年前かも忘れたけれど、いつも帰省した時に見た伯父の部屋には元々、グラビアモデル(?)だったりアナウンサー(?)のカレンダーなんかが飾られていたはずが、いつの間にかその場所には、AK●48のメンバーのポスターやカレンダーが飾られていました。見たことのない、綺麗で買ってからさほど経ってないであろう棚には、何枚も同じCDやDVDが並んでありました。
私は冷静に「まじか」と思ったけれど、母は「そんな歳にもなってまたそんなのにハマったのか」と違った意味で冷静だった。

 

伯父はジャンプで連載しているかの有名な海賊漫画がとても好きで、少年漫画やアニメが好きで、部屋には赤髪のシャ●クスやサ●ジ、(特に詳しく無いので分からないが)エ●ァンゲリオンのフィギュアだったりが置いてあって、私は「伯父はアニメとか漫画とかが好きな人なんだ~」とテキトーに思っていた。
が、母いわく、元々学生時代からアイドルだとかその辺も好きだったらしく、大人になりしばらく熱は収まっていたものの、姪っ子がそこそこ育っているぐらいの歳になって、アイドルに再熱してしまったらしい。

 

恐ろしい。
まず、私の身内はみんなジャンルは違えどオタクなのだ。
父は(だいぶおさまったけど)特撮オタク。
私と母は、推しは違えど俳優オタク。
姉はバンギャ*1
そして、伯父はアイドルオタク。

 

私がオタクになるのは遺伝子的に決められていたのでは無いかと思わせられる恐ろしさ。

それと同時に、私は今学生で、自分で言うのもなんだがまだ若い。私は、推しさんが好きで応援し続けたいと思ってはいるけれど、何かあったり、応援し続けられない状況になる可能性だって充分にある。大人になったら落ち着くかもしれない。
しかし、伯父の例を見ていると、伯父と同じように、私が姪っ子や甥っ子をもつような歳になってからまた俳優オタクと化す可能性も十分にある。恐ろしい。
オタクは離れたジャンルから足を洗いきれてない。ユニット、俳優などは違っても、そのジャンルから綺麗さっぱり足を洗うのって難しいのだな、と伯父を見て思うんです。

 

たぶん、伯父はアイドル達に恋愛的感情を持っている訳ではないみたいで、でも何かに熱を注いでいると、他のことが蔑ろになるタイプの人間だった。だから、アイドルに熱中しすぎて婚期を逃した感はあるし、本人も結婚するつもりはもう無い、と断言している。
私は16(今年で17)にして、ただただ「孤独死はしたくない」と怯えてはいる。ただ漠然と一人ぼっちは寂しい*2と考えているだけなのだけれども。


しかし、伯父は、独身で実家住まいの会社員。時間さえどうにかすれば、オタク活動やりたい放題である。いつも、たくさんのグッズやCD、ポスターや直筆サイン入りカードに囲まれた部屋に居て幸せそうだし、握手会などに行き、休みには新潟など遠くに遠征してペンライトを振り、遠征は歳だし疲れると言いつつも、ライブの内容、ヲタとのエピソード、推しの話をしている時はとても楽しそう。

 

高2の夏での帰省で、「結婚できなくても歳とってオタクしても、幸せならそれでいいのかな」と謎に悟ったのでした。

 

今は48Gでは飽き足らず、坂道シリーズの現場にも足しげく通っているようで、とても楽しそうです。帝一に出ていた乃木●のキャスト2人の話をして盛り上がりました。もも●ロのライブにも行ったことはあるけど、おっさんには体力的に厳しいとのこと。最近の悩みは、某チケットプレイガイドからの若俳舞台の宣伝メールが多すぎる事らしい。名義を貸してくれてありがとうございました。


とにかく、年をとって結婚をしていなくても、オタクをしていて楽しそうな伯父は、きっと来年も楽しそうにドルヲタをしている事でしょう。

*1:バンギャをオタクとして入れてしまっていいのかは分からないけど、何かに熱狂的になっている意味で入れておきます。

*2:まどマギの杏子ではありません。