読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ありて幸福

一介の若俳おたくのブログ

まさか自分がメンヘラになるとは思ってもみなかった人間の話

雑記 日記

 

このブログでもちょこちょこと「体調を崩している」「薬を飲んでいる」的なことを書いていたのですが、お察しの通り、私はメンヘラです。軽いけどね!最弱メンヘラ。軽いにこしたことないですよ。

 

そんな今回は、私のどうしてこうなったか、通院etcの記録&日記、のようなものです。なんか全体的に鬱々しいし、薬に関してはお薬手帳1代目をなくした*1ので曖昧です。

現場の時の心身の状態なんかも書きつつですが、若手俳優にさほど関連してはいません。ので、ぬるっと書いていこうと思います。

健常な若俳おたくの方は「うわっ」て思うだろうし、ガチメンヘラの方には「はぁ?」と思われるような内容ですのでご注意を。

 

いつもブログを読ませていただいたり、お薬のことなどを教えていただいている方のこのエントリーを真似るというか、リスペクト的な形で後半に飲んだことあるものをばばーっと適当に感想書いたりしてるので、そこだけに興味ある方は下まで適当にスクロールしてください。

 

 

 

 

▼1月、2月

1月の中頃からバイトの掛け持ちを始める。この頃から寝つきが悪くなり、夜明け前に寝て、睡眠時間が3、2時間でも学校やバイトには行かなければならず、睡眠を取らないと体調を崩しがちなタイプなので、体調がぐっずぐずである。学校でもふらふらしたり、保健室で寝たり。授業中にはうとうとするのに保健室でガチ寝しようとすると寝れない現象に名前を付けたい。

私生活でのストレスから寝れないのか、寝れないからストレスが溜まっているのか、微妙なところ。家庭環境は以前からアレだったし、学校生活もまぁ…といった感じなのでなんとも言えないライン。

 

▼3月

私生活がボロボロになり、鬼のように眠れなくなる。この辺に病院に行っていれば…と、ものすごく後悔している。

スケジュール帳をみたらなんか現場以外は基本働いてた。10連勤して現場、そしてまた10連勤、みたいな。フォロワーさんの大学時代の鬼バイト伝説聞いてから10連勤とかなんとも思わなくなった。

たぶんこの頃に鍋イベと帝一に行っていなければもっと早くにくたばっていたので本当に行っていて良かったと思ってる。ありがとう鍋イベ&帝一…

 

▼4月、5月

ル・リアンの頃は春休みかつ、母の実家に帰省していたりしたので心は安定していたけれど、やはり眠れない日々が続いていた、気がする。爆発したものをそのまま放置した状態には変わりないので。

このふたつきもわりかし働いていた。スケジュール帳を見たら、時間が短い日もあっても、とりあえず20連勤とかしていた。この辺りに、体力はカスなので体も壊し始める。

学校生活では、新学期になりクラス替えもして問題は特になかったけど、片方のバイト先の人間関係が最悪過ぎてそろそろ耐えきれなくなってきてた。早く辞めておけば良かったと心から思う。最近後悔しかしてない。

 

▼6月

とりあえず、爆発した。寝れないから朝起きれない、辛い、しんどいなどで、たしか学校には週に1回か2回しか通えていない状況。初恋探しには地を這いずりながらでも行く気力はあった模様(一公演は体力的にアウトだったので母が半額で私から買い取った)。バイトは夕方なら体調がまだマシな日が多かったし、極力迷惑をかけたくはなかったので少しは行ってた。

 

あまりにも寝れないし、体調不良や気分の落ち込みが酷くて、右も左も分からない私はとりあえず内科に。本当は心療内科に行きたかったけれど、ネットで調べてたり、近場の病院に行っても、学生は診てくれなかったり内科を通した方がいいとか書いてたりしたからだと思う。内科に行った結果、「ストレスから寝れない」とのことで、マイスリーを処方してもらった。全然効かなかったから睡眠薬って大したもんじゃないんだなとだいぶガッカリした。

 

その後、母が色々調べてくれて、起立性調節障害(以下ODと略す)なのでは?と思って、小児科に行くといいとネットに書いてあったので小児科に行った。「あー、ODだろうねぇ」ぐらいのゆるーいテンションでODだと診断される。あと血圧がとても低いらしく、朝がしんどいのもそのせいちゃう?みたいな感じで、すごく軽く感じたけどどの病院も一緒なのか、その病院が軽いのかは未だに分からない。寝れないって言ったのに何故かまたマイスリーが処方された。あと血圧を上げる薬(たぶんメトリジン)も。マイスリーは相変わらず効かないくせに、夜中トイレに行ったらふらふら千鳥足になって怖かったし、メトリジンは効いてるのか効いてないのかよく分からなかった。

 

▼7月

学校の先生にちゃんと相談をしたら、「学校も無理して来なくてもいいし、1回心療内科に行ってみたら?」と勧められたので心療内科に行ってみる。近場の心療内科をなんとか探して行ったけど、先生が生理的に受け付けない感じの人で逆に疲れた…。なんというか、自己主張が激しくてマシンガントークといった話し方、寝れないのが辛い・寝れなくてしんどいから学校に行きたくても行けない、と訴えているのに「睡眠薬を使うのが嫌い」と言い切って全く処方してくれなかったのが単純にムカついた。心も折れそうになった。もう折れてたけど。テトラミドメイラックスを処方される。両方とも効いた実感が全くなかったからなおさら先生にムカついた。

 

病院に行ってから数日後、人間関係が最悪だった方のバイトを辞める。というか、ほぼ飛んだ。昼食休憩時間での、そこに居ない人の悪口三昧、使えないバイトだと自覚はしているけどもそこまでする?って思うほぼいじめと変わらない社員からの対応など、家から近くてシフトに沢山入れて仕事内容は好きだったから我慢していたけど、ある日、寝れていなくてふらふらだし、吐き気頭痛に襲われて、シフトに入っていたけど立ち上がることすら出来ない時に、休みたいという連絡を入れたらいじめてくる内の1人の社員に「来る気ある?働く気ある?頭大丈夫?」と仮病を疑わるわ蔑まれるわで、心配すらされない使い捨てのバイトなんだ、使えないだろうけど真面目に働いていたのにいじめられるし心配すらしてもらえないとか私って何なんだろう、とただ電話越しに「ごめんなさい」を泣きながら繰り返し、最後まで怒られ続けて、もう学校に通えなくなって「普通の女子高生」としての生活すら送れなくなって苦しんでいた私の弱くて脆いメンタルがボロボロに砕けたのがこの事件だと思う。いや、当日に突然休みたいって言った私が責任のない人間であり悪いって事ははっきりと自覚してます。でもあの精神状態ではだめだった。その後まだ少し入っていたシフトも店長(この人もなかなかの問題案件である)の許可をなんとか得て出勤せず、というかあの電話が完全にトラウマになってバイト先に行くことすら怖くなって働ける状況ではなかったので、辞めた。そのバイト先、というかその店には二度とトラウマで行けないと思う。

 

そしてもう片方のバイト先に、体調不良でまともに働けないのが申し訳なくなり、辞めさせてほしいとチーフに相談をしてみると「体調が良くなってきたら戻っておいで」と優しく言われて、バイトの先輩やパートの方や社員の方や店長(こちらは気分屋ではあるけど基本は良い人)も良い人過ぎて、私にも優しい世界が残っていたんだなぁと嬉しくて泣いた。と共に、私の今までの「学校生活」と「バイト」という日常がどんどん無くなっていく感覚がとても怖くて鬱は悪化しつつもあった。

 

その後、初めて行った心療内科、というか先生が、私も母も生理的に無理すぎてとりあえず遠くてもいいからと良さそうなところを探す。前にカウンセリングとか受けてみたら?と母に進められて値段を調べたらバカ高くてやめてたけれど、少し遠いけど保険適用されるカウンセリングもしてくれる心療内科の個人病院をネットで見つけたので行ってみることになった。本当にこの病院を見つけられて良かったと心から思ってるぐらいには良かった。先生は落ち着いたおじ様といった感じで、茶目っ気も少しあり、よく話を聞いてくれつつアドバイスや意見も言ってくれる人で、診察を受けていて安心感がとてもあった。「よく話を聞いてくれる」という部分は、初めて行った方はカウンセリング無しだったのであれはしょうがなかったのかなぁとは後からだけど思えた。先生は処方が合わないと思ったらわりとコロコロと変えるタイプっぽく、最初はレメロン7.5mg、リーゼ、アモバンを処方してくれた。リーゼはダメだった。先生にすごく好感を持てたので、今後も通おうと思えたし、今も通ってます。

 

結局7月は全く学校に行かなかった。バイトもほぼしてない。ニートの完成である。現場も無く悲しみにくれて、とりあえずアニメ借りまくって見倒していた。見ている時は元気だけど、見る元気すら無い時はひたすらに病んでいた。

 

7月末の病院で、リーゼだめです!レメロンよくわかりません!と訴えると私の(今のところの)運命の薬・ソラナックスが処方される。いい感じだし、眠前に飲んでも寝やすくなる気がする。ただしソラナックスが好きすぎて後にちょっとした問題が起こることになる。

 

▼8月

アイワズライトの期間は、なんだか公演内容も相まって鬱なのか元気なのか分からないままふらふらとしていた。後味は悪いわけではないけど、見ていてとても体力を使うし苦しくなる舞台だったから、ただふらふらするしか無かった。あとこのあたりから本格的にアモバンの苦さに耐えれなくなってくる。朝ごはん、下手したら昼ごはんも不味くなりすぎて食欲が落ちまくる。アイワズライトが終わったら消失感でしにたくなりそう、と一人怯えていたけど浦島まで耐え、浦島めちゃくちゃ面白くて元気がでる。

 

アモバンレンドルミン(ポンコツ)に変えてもらっても寝れてはないけれど、少しは安定したかと思っていた矢先、ちょっとした事件により精神がぐっちゃぐちゃになりソラナックスをどばーっと飲む。この時の記憶はあまり無いけど、たぶんOD(こちらはオーバードーズ)って程には飲んでいない、はず。その次の朝も辛くてとりあえずどばーっと飲んだものの、家のトイレまで行くだけで5回ぐらいコケたりふらふらしたし、その日の前に二日連続で遊んだ友人をいきなり呼び出し、千鳥足の私を介護させ、親からの電話もガン無視を決めこんでいてすんごく心配されて、多方面にごめんなさいと謝りたい。謝った。ソラナックス飲んだらなんとかなると思いすぎて迷惑かけるのは違うよなぁと冷静になれた。

 

あとうやむやになっていた私の状態は、軽度のうつ病睡眠障害、という感じになったっぽい。起立性調節障害と低血圧どこいった。

 

▼9月~現在

相変わらず新学期になっても学校には通えず、先生にも「このままじゃ出席日数足りなくて10月には留年する」という宣告を受けて、じわじわ焦り始める。そして学校に通えていない「普通ではない」自分に嫌気がさしぐるぐる。ニートはそりゃ何もしなくていいから楽だけど、自己嫌悪もハンパないと学んだ。もう将来の夢はニートとか言うのやめようと思いました。

留年は本能的な拒否反応によりしたくないというスタンスで学校は転校という形に。

最近は、薬変えたり先生に相談したり、なんとか寝れつつ精神が安定しつつはある状態にはなりました。わーい。なんかあった時は普通に鬱気味ですしよく夜な夜な病んでますが。色々特定されても困るのしアレなので詳しくは書きませんが、なんとか新生活を送りつつ、って感じにはなれそうです。うつ病は未だに診断に納得いってない*2からスルーするとして、睡眠障害は薬無しで寝れるようにならないと治ったとは言えないと思うので長い付き合いになってでも完治を目指したいところです。ちなみに私は、リスカやODなどはしないソフトなメンヘラです。メンヘラ名乗ってますがどのへんから何でしょう。精神薬に頼ってるから私はメンヘラかなとは思ってますが。どうでもいいな。

 

メンヘラではない皆さん、私みたいに、メンヘラになるとは思ってもみなくても、なる時は薬に頼ったり、病みます。気をつけてください。(気をつけてならないかどうかは知らない)

そして自然に寝れる時に寝ておく事は大事だなぁと自然な眠りが出来ない日々を送る私は思います。

 

とりあえずまぁ、薬に助けられてはいますが私はわりと元気です。真田の兵庫公演に、きっと元気に通っていることでしょう。

 

 

 

▼お薬まとめ

(現在飲んでいるものは★印をつけています。)

 

マイスリー 5mg

睡眠薬

寝れない。体質に合っていないのか。の癖に飲んだ後ふらふらする。

 

メトリジン 2mg

血圧を上げる薬?

お薬手帳をなくしたのでたぶんメトリジンという記憶しかない。記憶を失うぐらいにはなんの効果も感じなかった。

 

テトラミド 10mg

抗うつ剤

記録(iPhoneのメモ)としては残ってるけど記憶にはない。

 

メイラックス 1mg

抗不安剤

全然効かない…3錠だけ地味に余ってたからちょい前に飲んだけどなんにも起こらなかった。

 

・レメロン 15mg

抗うつ剤

0.5錠(7.5mg)から。やばそうなイメージのリフレックスと同じ成分?同じ薬?らしいけど私なんともなかった…。レメロンとリフレックスは別物なのか未だに分かってない。

 

・リーゼ 5mg

抗不安剤

単純に効かない…。やけくそになってポコポコ何錠かいっぺんに飲んでたけど副作用っぽいものすら感じたことがない。なんなの。

 

アモバン 7.5mg

睡眠薬

死ぬほど苦い二度と飲みたくない。朝ごはんが死ぬほどまずくなる。白飯と牛乳がこの世のものとは思えない味がした。なんだかんだ寝れてた気もするけど苦さが無理でやめてもらった。最近は、アモバンの苦さ減らしたバージョン(雑な説明)のルネスタが気になっている。

 

★バルプロ 100mg×2

 抗てんかん剤、とは…。

長い間飲んでるけど何に効いてるんだろう、でも調べるの面倒臭い、で現在に至る。副作用的なもの感じたことないから別にいいかな…。

 

ソラナックス 0.4mg

抗不安剤

好き。飲むと落ち着く感じするし、持ってるだけでもなんか安心します。しかし、(たぶん)耐性がない状態で沢山飲むと千鳥足になる。眠気もそこまでないし、1、2錠飲んだぐらいでふらふらしないしなかなかいい薬なのでは?欠点は舌の上で溶けると鬼苦い。

ソラナックスと比較されがちなデパス、飲んでみたさはあるけど、たしか通販はもう無理だしソラナックスで今のところ満足してるからどうしようか…と思いつつ今日もソラナックスを飲む。

 

レンドルミン 0.25mg

睡眠薬

寝れない。「グッドミン」というジェネリックでの名前がめちゃくちゃムカつくので絶対にレンドルミンって呼ぶ。good眠か?ん?????って158126回ぐらい文句言った。

 

・ドスレピン 25mg

抗うつ剤

パッケージ?が真っ赤で怖い。危ない薬みたい。(画像検索してみたらマジで怖いから調べてみて欲しい。)薬本体はパステルピンクでゆめかわ系(?)副作用の口の渇きがえげつない。あと寝起きが物凄く悪くなったり体の痛みが激しくなった気がするからやめてもらいました。怖い薬だった。

 

ハルシオン0.25mg

睡眠薬

寝れない寝れないと訴え続けたら、まさかのハルシオンが出てきてびっくり。私の中で「有名な睡眠薬で強め」みたいなイメージが出来上がっていたハルシオン。実際飲んでみたらさほどだった。抜けが良いから朝に全く持ち越さないのはいいのだけれども…といった感じ。最近はデジレル・ロゼレムとの組み合わせが良いのか比較的寝れてる。

 

デジレル 25mg

抗うつ剤

睡眠薬代わりに使われることもあるよ~と出された。よく分かってませんけど副作用も感じてないし組み合わせのおかげが寝れているので何の感情もないです。

 

★ロゼレム 8mg

睡眠薬

なんか他の睡眠薬とは違って、体内時計を整えて自然な眠りを作るといったものらしい。即効性がなく、先生にも「効くまで2~3週間ぐらいかかる」と言われた。最近効いてきたのか寝れている…ロゼレムありがとう!(本音としてはもう眠前のソラナックスやらハルシオンやらロゼレムやら何が効いてるのか分かってない)

 

少ないのか多いのか分かんないけど、とりあえず、合ってるわ~と感じたことがあるのがソラナックスだけの事実が悲しい。

ジャンキーでもないですし、早く薬飲まなくて生活できるようになりたいけど、とりあえず自分によく合う薬に巡り会いたいなぁと思ってます。

 

*1:リビングに放置していたら消えたよ!たぶん新聞とかチラシに紛れ込んでまとめられて捨ててしまった。

*2:絶対にうつ病ってほどでは無い。メンタルが弱いだけ。

最近みたり読んだりしたあれこれ

雑記

 

なんとなく、若手俳優にあんまり関係のない記事を書きたいなぁと思ったので、書きます。順番は特に意味無いです。

普通にアニオタだったり、漫画をよく読む人間なのでそのへんの事などを。

 

  • TARO URASHIMA

最初っから思いっきり若手俳優関係してるし最近でも無いし。あの、いつかの記事で言っていた「よくわかんないうちに5000字超えてて書き終わらない」やつはこの感想です。いやー、めっちゃ面白かったです。炎上俳優がでるからとかなんとか見る前はいろいろ文句言ってたのに、見終わったあとの満足感はすごかった。るひま感がありつつのミュージカル!って感じでとても楽しめた。太郎、乙姫様、グソクちゃん、タカアシガニ将軍辺りがとくにお気に入り。

DVDはやくみたいなー!(感想ブログはもう長くなりすぎて書き終えることを諦めつつある)

 

  • キンキーブーツ

ずっと行きたい行きたい言ってたのですが、なんかいろいろあって結局行けました。ミュージカルってやっぱりいいな……。

みんな素敵なんだけれども、ローラちゃんがもうさいっっっっこうで。かっこよくて綺麗で美しいローラちゃん…三浦春馬くんみたいな、ガタイもしっかりしているイケメンな男性がするからこそ良い。

最後、みんなでピンヒールのブーツをはいて踊るシーンは圧巻されたり感動やらで涙が止まりませんでした。ミュージカルっていいな……。

 

何回見てるんだ。めちゃくちゃ好きなんですよ、まどマギ。何回でも見れます。もう見すぎてTSUTAYAでレンタルし倒してるので早くBOX買いましょう私。映画は見る度に考察とかネットで見たり、私なりの考察したりしてます。1クール分+映画という見やすさがとてもいい。あと私が見ている横で見ていた姉がよくわかんないうちににハマってた。そして映画が理解不能と言っていた。あと3回は見ような。

 

めちゃ人気だし、各地から「面白いし絶対見るべき」と勧められてたので見てます。まだDVD3巻ぐらいまでだけど!

いや~、ヒーローもの・バディものっていうのが好みどストライクなのでとても良いです。バニーちゃんみたいな復讐を目的としているような、なんらかの闇を抱えているキャラが好きなので普通にわいてます。無事飽きずに完走できるように頑張ります。

 

 アニオタ時代、兄と妹モノがけっこう好きだったのになぜ見ていなかったのかと。マンガの方がレンタルする時にお手頃感(?)があるのでマンガ先に読んだんですけどめっちゃ面白い。社畜の兄・タイヘイと、外では完璧JK、家ではぐうたら三昧という干物妹(ひもうと)・うまると愉快な仲間たちの、ゆるゆるとした日常系コメディなんですけど、ストーリー性もわりとあっていいですねぇ。俺妹とか中妹とかおにあいなどとは違う、兄×妹の恋愛要素があんまりない感じがまた良いです。タイヘイもうまるも、お互いに恋愛感情抜きのシスコンブラコンって感じで。

アニメは1話だけ無料で見てすっごい良かったので続きも見たい!と思ったけれどなぜか近所のTSUTAYAに置いていない…ニコ動に課金するか…

 

  • ピンクとグレー

母がなんか借りてきたので見た。基本的に映画館以外で映画みてると、飽きたりして他のことしてしまう集中力の無さなんですが、続きとか結末が気になって気になって久々にちゃんと見れました。いや~、なんか話も演出とかもすごくないですか…?(語彙力)

ジャニーズあんなことしていいの?と勝手なイメージが頭をよぎった。菅田将暉くんのお芝居がけっこう好きなので、あの感じたまんなかったです。入江甚儀君が出てて、おおっ!となった。帝一ロス。

 

原作が好きで、クオリティがよければ実写化もあんまり気にしないタイプの人間なので、レンタル出てたのでとりあえず借りました。これ、賛否両論ありそう…。私は…なんというか最後が残念というか悲しすぎると感じてしまった。原作終わってなかったなりに、もっと救いようのある終わり方にならなかったものか。アニメはアニメで良かったからこそ、映画の終わり方しんどすぎない?あと話のつじつま?合ってなくない?とかも思ったけど私の理解力がないだけなのかな。理解するためにもう一回見ようとは思えないや、ごめんなさい。映画の尺に、あの原作量を詰め込むのが難しいんだろうけども。

藤原竜也さんの演技好きだし、有村架純ちゃんえげつないほど可愛かったし、子役の子たちの演技もすごく良かった、から尚更あの結末に納得いかないのが悲しい。

 

癒し。最近は放送中のアニメ全然見てないんですけど、母親が見ていて*1流し見していたんですが、つむぎちゃんの可愛さにやられ今では毎週楽しみにしてます。第1話だけ見ていなくて録画消されててニコ動の一挙放送で見ていたら追い出された。悔しい。

小さい女の子とお父さん、という図がとても好きで癒されます。2次元でも3次元でも微笑ましい。甘々と稲妻の場合、お腹も減る。つむぎちゃんも小鳥ちゃんも美味しそうにご飯食べすぎ。私も食べたい。八木ちゃんがいい味だしててお気に入りです。

 

  • NEW GAME!

見たり見なかったり。母が自分が見たら勝手に録画の容量の都合で消している。私けっこう見たいのに…。(モブサイコ100も見る予定だったのに第1話から消されていた。悲しい。)

絵が可愛いし女の子可愛い!八神さんと遠山さんの関係性にキュンとくる。単純に女の子たちが楽しそうにしてるアニメが好きなので良いのですが、時々、ナチュラルに闇出てません?会社に泊まってばかりの八神さんとか…

あとOPが可愛くて曲調に中毒性があって好きです。

 

とにかく泣きました。めっちゃ良かった…。作画というか、背景とか物凄く綺麗だし、三葉ちゃん可愛いし、色んなことで感動する。あと神木君ほんとにいいな~!!声素敵。顔も演技も好きなんですけど(DDポイント)

伏線とかわかった上で見たいので、たぶんもう1回見に行く。あの映像とか音楽を映画館で味わっておきたいってのもある。

 

まぁ、WJ毎週買ってるし読んでるんですけども。ワートリはコミックでのおまけとかカバー裏が最高だし本編も何回も読み返すので絶対に買います。なんなら16巻買ってから1巻から読み返した。

色んなところでワートリ布教してるんですけど、この作品、めっちゃハマりにくいんですよね。いろんな理由により。私的には10巻まで読んでからもう1回読み直して欲しい感じです。良さがなかなか伝わらない…すごい面白いのに…ともぞかしい。

兎にも角にも、ワートリはいいぞ。

 

コミックス「よつばと!」

言わずとしれたよつばと。あまりにも精神が荒んでいたので、癒しを求め1巻から読み返してた。

先述した、小さい女の子とお父さんの図が好きなのはたぶんよつばとからだと思われる。主人公の少女よつばと、とーちゃんとその友達や、お隣さんの三姉妹やその友達などとの日常系。よつばがとにかく可愛くて、子供特有のウザさだったり発想を持ってたりで、めちゃくちゃ面白いし癒される。よつばの生きている世界は、とてつもなく優しい世界だなぁと思います。あと漫画とは思えないほどの書き込み量すぎる。

コミックでしか読んでないので本誌の掲載状況はよく知らない。やっぱり休載多いのかな*2

最近ダンボーの人気がひとり歩きしてるように感じるのは私だけか。ダンボーしか知らない人は「よつばとダンボー」を読んで欲しい。めちゃ面白い。さっき貼ったリンク先から試し読みできるので、読んだことない方はぜひ。

 

あずまんが大王 全3巻 完結セット (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 全3巻 完結セット (少年サンデーコミックススペシャル)

 

言わずとしれたパート2。日常系好きはここからですたぶん。(あずまきよひこ先生から私の趣向色々形成され過ぎ)

ただ単によつばと読んでたらあずまんがも読みたくなって全部読んだんですけど、やっぱりめちゃくちゃおもしろい…。最近の子、みんな読んでないの…?(多分私も最近の子)

 

漫画読んでたらアニメの方も見たくなった。こうして連鎖してゆく。

絵が昔のアニメだって感じてしまう…時の流れ…。面白いことには変わりない。何年ぶりかに見たので、OPの空耳ケーキ始まった瞬間懐かしさで爆発しそうになった。お父さん*3がわりと出演豊富で笑った。

 

※ここからはただの布教活動です

とりあえず、こち亀お疲れ様でした。

さてさて、今めっちゃWJ面白い漫画多いので、好きな連載を宣伝しておきます。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

 いわゆる男性向けの(エロが入る)ラブコメものなんですけど、めちゃくちゃ好きです。多数ヒロインがいるラブコメって、主人公*4嫌われがちですけど、ゆらぎ荘の主人公・冬空コガラシさんはめちゃくちゃ男前で、女の子たぶらかしてない誠実過ぎる男で好感持てます。ヒロイン達みんなから恋愛感情を持たれるモテモテ主人公というよりか、色んな感情で好かれている感じ。メインヒロイン、幽奈さん一筋っぽいところもまた好感度高い。たぶん人間性がいい。あと絵が全体的にエロいけど可愛いし綺麗。このままの方向性をブレずにアニメ化までいってほしいです。

 

左門くんはサモナー

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 個人的にめちゃくちゃ好きです。仏系*5女子と、とにかく性格がカスな、悪魔を召喚できるサモナー男子の(普通ではない)日常漫画。ちょっと最近掲載順*6が危ないけど、めっちゃ好きなのでアンケを送ろうと思う。だいたい一話完結型のギャグなんですけど、悪魔をテーマにしてるのでネタ切れしにくそうで良いし、出てくる悪魔基本的に人間臭い。単純に笑えるからおすすめです。まだ単行本あんまり出てないし今が読み時です!

 

ブラッククローバー

 王道バトルファンタジー少年漫画。ヒロアカも相当王道だなぁと思いましたが、ブラクロはジャンルが違うかつ王道かつ熱いし、面白いです。魔法とかそういう系。魔法を使えるのが当たり前の世界で、主人公は魔法が全く使えないという逆境のなか戦っていきます。熱い。

絶対次に来ます!断言!アニメ化もそのうちされそう。なんかジャンプのイベントでアニメ化されるらしいけど作画が激しく好みではないから困ってます。キャラがなんかちょー多いからとりあえずコミック買って読み返す予定です。好きな作品は、買って作者様に印税をお布施するの大事だと勝手に思ってます。

 

アニメ化してなくて好きなのはこんな感じです…他も好きなのあるけどプレゼン(?)しにくかった。ワートリはさっき紹介したし、ヒロアカとかソーマとかハイキューに関しては私がするまでもなく有名ですしね。BLEACHが終わり、銀魂もどんどん終わりへと向かっているのが少し寂しい。

 

 

なんだかヘタクソな作品紹介して終わりました。兵庫真田まで圧倒的に暇なんですよね。映画はもうすぐで楽しみですが。ちなみに露出狂とスカピン、まだまだだけどロミオ&ジュリエットにもたぶん行きます。ぼくとしょはまぁ、がんばります…いろいろと。

 

*1:私より漫画もアニメも見ているオタクっぷりを発揮している

*2:よつばとは休載が多い&長い

*3:と呼ばれている作中に登場するマスコット的(?)キャラクターのネコ。

*4:某ニセ●イの楽とか

*5:仏のように優しく心が広い

*6:言わずとしれた(パート3)、ジャンプの掲載順が後ろに行くほど打ち切られそう、というもの

遠征とバスタ新宿

雑記

 

自分の住んでいるところからかなり遠い場所*1でする舞台やイベント、すなわち現場へ行くことは、よく遠征と呼ばれます。

その遠征を多くする層は、多くの現場の会場となる劇場などがある関東、主に東京から遠く離れた地に住む地方民。私は関西民で、九州などに比べたらわりと東京は近いですが、「東京や関東に行くのに新幹線とかないと辛い」地域に住んでいるので、今回は地方民という事にしておきます。

 

そんな地方民が、どんな方法によって遠征するか、といえば、

  1. 新幹線
  2. 高速バス(夜行バス)
  3. 飛行機

などが挙げられると思います。が、私のような「交通費に金かけたくないし、かけられるほど金はない。常に金欠です。」という層は少なからず、表立って言わないだけで居ると思うんですね。そんな層の御用達といえば、夜行バスでしょう。新幹線高いし片道だけでもチケ買える、飛行機も安い時あるけど空港から会場への移動がめんどくさそう、というのが頭によぎってしまう。

そう考えると高速バスは、到着地が豊富、1と3に比べると安価*2、夜行の場合朝に着くので準備を済ませればマチネの時間も余裕を持って行ける、など車酔い、身体が痛くなる、事故る可能性などを気にしなければ地方民にはとても優しい乗り物だと私は思っています。

 

さて、そんな遠征しないとたくさん推し見れない層、夜行バスヘビーユーザーの地方民の今年の衝撃ニュースといえば、バスタ新宿です。

利用した事のない方に簡単に説明させていただくと、たくさんの高速バスの出発地・到着地になるものの、会社によって場所にバラつきが多く、土地勘のない地方民を困らせてきた大都会・新宿の、出発地・到着地を1箇所にまとめたのがバスタ新宿です。

そんなバスタが4月に開通し、地方民らはざわざわしたりしなかったりしたと思われます。新宿に劇場わりとあるし、新宿駅から乗り換え無しで行ける劇場も沢山あり、いつもとりあえず新宿まで行く人も多いと思われる。

私はさく●観光をよく利用しています。理由としては、地元から出発地へ行きやすいのと、ただ単に安いからです。ほかの会社も安い時は安いんですけど、支払い方法とか出発地とか変わったらめんどくなさいな、って言うのが1番かも知れません…。そんなさくら観光には、新宿に桜バスフロアという、小さめなビルの中にある、椅子はもちろん、Wi-Fi、トイレ、コンセント、更衣室などが完備されている、出発まで休める待合室がありました。少し狭かったけれど、トイレで着替えるのはマナー的にどうかと思うので更衣室は有難かったし、駅からもわかり易くて遠くない場所にあり、個人的には好きな空間でした。

遠征をちょこちょこするようになった高1の春からお世話になり、「楽しかったな。寂しいな。」と干渉に浸りつつバスを待った思い出深いあの空間は、約1年弱後、バスタが出来たため閉鎖されました。そんなに愛着があった訳ではないけれど、わりと便利だったのになぁと思っていて、バスタを初めて利用したのが今年5月の頭辺り。そこから往復だとしても1回として数えて、たぶん4、5回使ってるっぽいんですが、色々思うことをまとめてみようと思います。

 

バスタ新宿を「地方から来て到着地として使い、帰りは出発地として使う」人間の視点から見たものです。地方へと遠征する方々はあまり同意出来ないかもしれない内容ですので悪しからず。

 

まずいい点から。

 

  • 駅から近いというか駅直結かつわかり易い

バスタに着いて、新宿から会場まで向かって、新宿まで帰ってきてそのまますぐバスタへ行ける、という素晴らしい立地。わかり易いというか、新宿駅向かえば着くし、どでかく「バスタ新宿」って建物に書いてあるから分からない方が少ないと思われる。ただあの真ん前にある、デカイ横断歩道を夜に通る時にキャッチのお兄さんがとてもウザイのはどうにかならないものか。(バスタ関係ない)

 

舞台やイベントにありがちな「直前まで公演時間発表してくれない」という時、とりあえず遅い時間にバス取ったけど思ったより早く終わってお店入ったり友達と時間潰すのもアリですが、究極に金を使いたくない時に活躍するのが、バスタのWi-Fiです。ポケットWi-Fi勢はどうでもよさそうだけども。もう後はバス乗って寝るだけだから電池もそこそこ気にしなくて良いし、Wi-Fiあるから動画とか見たい放題できるし、時間潰すのにはもってこい。しかも、通常の通信速度と同じぐらいという、質のいいWi-Fi!フリーWi-Fiを追い求めている私としては、なかなかに上質だと思います。

 

  • とにかく綺麗

新しいから当たり前なんですけども。汚いところで待つの嫌だし綺麗にこしたことはない。

 

  • ATMがある

お金や財布が寝ている間にスられるかもと思うと怖い&新宿着いたけどお金おろしてくるの忘れた!という場合にもすぐおろせます。その日のグッズ代なども安心。(コンビニ行けばおろせるけれども)

 

 

こう並べてみると、やっぱり立地がデカイですね。迷わないから駅直結大好きですもん。

でも悪い点の方が目立ってしまうのは、私の性格が悪いからなのか否か…

 

ここからは、悪質クレーマーにはならないように気をつけながらも、悪い点、改善して欲しい点などを…

予算の都合とか、場所がないなどは、「こっちはバスタを使わざるをえない立場の消費者なんですが」という理由によりあまり頭に入れておりません。

 

  • トイレ増やして

みんな思ってるはず。女性トイレ、長蛇の列よく作ってます。いつも混雑するのは分かっているはずなのに何故あそこまで少ないのか。何故もっと多く作らなかったのか。他の場所で済ませて来いって言われても、バス乗る直前に済ませたい人もいるでしょうに…。

綺麗で1室(?)がそこそこ広いのはいい事なのですが、夜利用する女性の人数、考えて作って。バスタ仲間のフォロワーさんが「某劇場のトイレをバスタに分けて欲しい」って言ってたのが最高に面白かったです。劇場も混むけどやたら多いところあるのにも関わらずバスタは…と思ってしまう。トイレって後から増やせないのかな…

 

  • 更衣室的な場所が欲しい

トイレが混むのって、数が少ないというのもあるでしょうが、着替えてる人絶対いるんですよね。コスプレでイベント参加する時のマナーと一緒です。やめてください。混みます。でも、寝やすい服装に着替えたい、服シワになるのが嫌だから着替えたい、という気持ちは物凄く分かるので、少なくてもいいから更衣室作るべきだったと思ってしまう。更衣室に長蛇の列が出来ても、急ぎで無いのであれば着替えたい人だけそこに並ぶでしょうし。トイレで着替える人も減る。トイレ問題の解決方法のひとつとしては更衣室良いと思います。

 

  • ロッカーが少なすぎる

あるだけで有難いんですけど!私はアイロンやらコテやら着替え*3を遠征時に持ち込むタイプの人間なので、ロッカーを常に探してます。しかしバスタも新宿駅も全然空いてない。悲しい。でもまぁロッカー少ないのはバスタだけの問題じゃないんですよね。遠征に沢山荷物持ってくるなと言われたらそれまでですけど、舞台や現場には万全の状態で行きたいじゃないですか。素材が悪いし天パなので、化粧をして髪の毛どうにかしないと道すら歩くのがヤバイ人間の事も考えてください。

キャリーバッグとかもウザイですが、キャリーバッグは劇場とかなら預かってくれるし、何気にトートバックなどに入れた荷物の方が重さ感じるしウザかったりする。なので会場着くまでにどこかしらでロッカーに入れたい一心なのですが、先日の真田ではどこも空いておらず大荷物で劇場へと行きました。重いし邪魔だった。

バスタのロッカーに入れたら、帰りのバスに乗る直前に荷物出せるしいい所だらけなのですが、今のところ空いている時を見たことが無い。というかバスタのロッカーすごい安いんですよ。手荷物なら8時間100円です。そりゃみんなバスタの使うでしょ…。

バスタ以外でもどこでも、使用料高くてもいいです、この際。とりあえず数を増やしてくれ。使いたい時には、高かろうが安かろうが使いますから。

 

 

こんな感じですかね。個人的にはコンビニとかキヨスク的な売店作って、軽食*4とかマスクとかメイク落とし売ったらバカ売れすると思ってるんですけどどうなんでしょう。

まぁこんな文句をだらだらと書きましたが、もうバスタあんまり使わないでいい都内に住みたいと思って切ない気持ちになりました。おしまい。

*1:かなりアバウトですが、どの辺りからかという話をしても限りがないので飛ばします。

*2:W●LLERのコクー●とか高級高速バスは除外します。乗ってはみたいが金は出したくない。

*3:大概は行きは寝やすい服装で行き、ネカフェで着替えたりメイクをする。その後バスタのロッカーを確認しに行く

*4:自販機は既にある

再演 真田十勇士 感想殴り書きVer.

推し関連 感想

※初日を見ただけの感想です。ネタバレは途中で注意入れます。

 

 

待ちに待った、真田十勇士が昨日、初日を迎えられました。おめでとうございます!

 

スペクタクル時代劇『真田十勇士』

あらすじなどはここからどうぞ。(丸投げ)

 

遡ること2014年、私がまだ中学生の頃、どうしても行きたくて必死にチケ代をなんとかして行った舞台・真田十勇士が公演されました。

特別裕福でも貧乏でもない一般家庭に生まれ、バイトも出来ない中学生には多ステなんて事は出来ず、大阪公演に1回行っただけだったのですが、今でも記憶に色濃く残っているほどに最高の舞台でした。

まず、ドラマシティには行ったことがあったけれどメインホールは初めてで格式が漂うロビーにホールのシャンデリア、舞台装置に、プロジェクションマッピング?などの映像技術、そして豪華キャストの方々によるお芝居や華やかかつド派手なアクション、笑いあり涙あり感動あり…

細かな事は時の流れと共に忘れる事はあっても、私の見た事のある舞台の中でずっとトップ3に入るような最高の舞台。

 

映画化&再演が発表された時、純粋に「推しさんが出なくても絶対に行くしかない」と思いながら、あの素晴らしい舞台が映画化するまでになっている事や再演される事の嬉しさでただただ泣いていました。

その後の発表で、推しさんは映画では初演での役を引き続き演じて、再演でも出演し、役が昇進したという言い方はなんとなく違うとは思うのですが、初演よりも出番も多く物語のキーマンである根津甚八豊臣秀頼の2役演じるという事が発表されました。

まず、また真田十勇士に推しさんが出ると言うだけでも幸せなのですが、ファンとしては前役の可愛い海野六郎ちゃんも見れるし、新たな役も見てるという幸せ極まりない状態でして。あんな大きなお仕事のオファーがまた来たのかとも思うと嬉しくて嬉しくて堪らないです。

 

そんな真田十勇士の再演、素晴らしかったです。

時代劇モノはあまり見た事が無いけれども、その中でもコメディの部類に入るのだろうとは思う。だけど、深い部分や登場人物達の過去や思い、絆、忠義がしっかりと描かれていて、みんなに感情移入出来る、だけどメタ発言や時事ネタなんかもあって、まさに笑いあり涙ありで。(2回目)

通路も使いたい放題ではちゃめちゃで、初日だからと勘九郎さん達が通路での演出の時に挨拶してくれてました。確保しているチケに通路席あったはずなので尚更楽しみです。キャストの方々が走り抜けたりしてできる「風」を感じるのめちゃくちゃ好きなんですけど誰か分かってください。映画やドラマを見ているんじゃなくて、本当に生のお芝居見てる感じしませんか?

そして初演でも凄かった映像がさらに進化していたような…!かがくのちからってすげー!舞台装置もめちゃくちゃ動きまくるんですけど、奥行きがある3D並の立体感の映像が幕に映されると「映画見に来たのかな私」と思いました。すごいんです。なんだか舞台の枠を超えている何かを見ている感じ!

新国立劇場には初めて行ったのですが、すんごい綺麗で駅直結だし素敵でした…駅直結はデカイです。

後は兵庫しか取ってないので間が空いてしまうのが苦しいところ。今年使った遠征での交通費計算したら真田S席何回も入れることが分かり絶望しました。もう私なんとかして都内に住むべきだと思う…悲しい…。買った初演DVDと映画を見に行ってなんとか寂しさを紛らわします。

 

私は基本的に推しさんが出る舞台を見に行って、マイナスにはならないんですね。もう推し出てるだけで減らない基礎点があるので。それ抜きにしても、凄く面白い作品だと思うし、これから回数を重ねていく事に変化もあるのかなと思うと楽しみです!

 

 

 

とまぁ、私は観劇ブログを書く事に圧倒的に向いていない*1&1回見ただけでは細かなところ見れていないので、ここからは初日のみを見た&初演DVDをまだ見ていなくて初演の細かな演出などをほぼ忘れている*2状態での箇条書きに近い殴り書きネタバレ感想になります。初演を見ていない方にも今回の再演を見ていない方にも優しくないです。もうただのブログ使った記録なんですけれども、見た方が「わかる」「それな」とか思ってくれたらいいなと思って載せておきます。

ではでは大丈夫な方だけどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(敬称略)

何でしょう。初演でも思ったんですが、やっぱり舞台に常に立っているような方は存在感からして違いますよね。何しても面白いし、佐助というキャラクターは勘九郎さんだからこその良さがあるんだと思います。日替わりやアドリブっぽいセリフやネタもいちいち面白くて面白くて。あと何回か入りますが楽しみのひとつです。広島おめでとう!とかもう時事ネタでしかないですからね!語りとも話しちゃうし。馬鹿な事を考えて実際にやっても、最初はただ「大きな嘘をまことに」するだけの為にお幸村に近づいて、面白そうだからと十勇士を作ったのに、最後にはみんなちゃんと仲間で幸村に忠義もあって、憎めないいいヤツで。パンフでの内容をあまり書くのは良くないかなと思うからぼや~っと書きますが、実は孤独な人間だと勘九郎さんが言ってらっしゃって、仲間が欲しかった、孤独は嫌だ、と凄くひとつひとつの行動の理由がストンと心にハマった感じ。

 

はっきりと書くと、私は才蔵様の夢女でリアコです。松坂才蔵様も最高だったし映画も楽しみで仕方が無いのですが、加藤和樹さんのお顔が好みド直球なので*3、再演でのキャスト発狂しされた時には推しさんの事よりまず「和樹さんの才蔵様みたら私死ぬんちゃうか…」と命の危機を感じました。もう才蔵様は最高にかっこいいんですよ。意味がわからないぐらいにかっこいいんです。長めの黒髪も、剣やワイヤーでのアクションも、クールでキザな性格も、火垂ちゃんとの関係性も、内に秘めたる熱い心も、全てが大好きで仕方がないんですよね…。「あなたの霧隠才蔵です」のところはみんなでピーキャーしてもいいんじゃないでしょうか…私ひとりどうしたらいいか分からなくてもだもだしてるので辛いです。映画館の大画面で才蔵様をみたら多分キャーキャー言うの通り越して泣くんだと思います。

さて、才蔵様が素晴らしいという事を書いたので、加藤才蔵様について…。もうビジュアルが完璧なんですよね。ド好みなので。(この辺りで和樹さんファンに殺される)さらに、登場シーンでレミゼ歌うっていう…………みゅ、ミュージカルスターだ!!!!!今回の才蔵様はミュージカルスター!!!佐助「ここは帝劇じゃねーよ!」その通りだ。なんだか噂ではここの部分日替わりらしいとの事で戦慄している。和樹さんのお歌たくさん聴ける………。ふふふ……。松坂才蔵様よりもキザ感が強い気がします。どちらも大好きです。とりあえず女殺し(技名なのかは知らない)されたさしか無いのです。

 

ま、まりこ様だ!!!!テレビで見た事あるまりこ様だ!!!!とミーハーなテレビっ子は思いました。前回の比嘉さんの火垂ちゃんは可憐な可愛い女性といった感じだったけど、篠田火垂ちゃんはクールビューティだけど怒るとぷんすこして鬼可愛いというギャップ萌えですね。また手足が細くて長くてスラッとしているのでアクションが綺麗でカッコよすぎる。恋する乙女、可愛いです。

ちなみに、私は才蔵様の夢女ですが、ヒロインや公式カップリングについては全肯定かつ、むしろ好きになるので火垂ちゃんには才蔵様と幸せになって欲しいものです。

 

推しさんなので書きたいことしか無いのですが、なんとなく、しっかりと見てから書いた方がいいのかなとも思います。

初演とは違った甚八で、悪ガキ思春期真っ盛りな少年といった感じ。可愛い。執拗に髪の毛をイジイジしていたのでタマネギヘアーにこだわりがあるのかもしれない。可愛い。

秀頼様を演じる時との差が凄いので、推しさんはすごいぞ!私の推しすごい!となるのですが小並感で申し訳なる。秀頼様の時は凛とした育ちが良くてひねくれなかった、綺麗な水で育ったお坊ちゃん感があります。

詳しく思ったことは後日書こう…何回かみてちゃんと書きます…

 

どこまで書いたらマナー的にアウトなのかセーフなのか分からないです。とにかく鎌十コンビ(公式名称)が好きです。初演よりしっかりフラグが張られていて最期が尚更辛い。

十蔵が実はスパイだという伏線や正体を知って見ていると、鎌之介へのすきすきアピールも最初はただのお芝居だったのかな、とも思える。けれど、十蔵は十勇士達、(こちらはたぶん恋愛感情で)鎌之介が好きになってしまうところは、きっと甘くて根が良い人なのだろうと。にしても、すきすきアピール初演よりあからさまになってますよね?十蔵は元"ゲイ"州浪人(公式名称)と言っている辺り、ゲイなのか、心は乙女なのか、はたまたスパイとしてのキャラクター設定が本当になってしまったのか、考察は尽きません。

そして鎌之介。鎌之介の、あの風呂に入れられた後もボサっとしていて身なりを気にしていない「戦うこと」以外は執着が無さそうなところがいいですよね。でも鎌之介は今まで戦をする事、戦うこと以外で生きていく事を知らないだけで、穏やかで戦好きではない、というところがまた…そんなところに十蔵は惹かれたのでしょうか…鎌之介はいい男だと思います(誰目線なんだ)きっと、スパイがいると疑った時、何かを運んでいる十蔵を見てからスパイだと何となく勘付いていたのでは…?それでも黙ってて、十蔵が助かった時にちょっと泣いちゃうとか情があるからとかの問題でも無いよな?とか思ってしまう。どうなんだろう。鎌十コンビが好き過ぎて考え過ぎている感はあります。

だから、2人の最期があまりにも悲しくて仕方がないです。2人やこの世を去っていった十勇士達が死ぬ覚悟で戦ったからこそ、秀頼様が助かったのだと思うけれど、やっぱり辛いです。「戦のない世で生きてみたい」と願う鎌之介、十蔵も他の皆も、死ぬことのない、戦のない現代に転生してくれ。と思いました。二次元脳なので現パロとか流行んねぇかなって思います。

カテコが最高にド派手で華やかなのですが、淀殿と共に何故かバブリーなふわふわしている扇子?を持って踊る十蔵が可愛いです。あとキャストの方々が出てきてお辞儀をする時、鎌十コンビで出てくるのですがはけていく時に2人で腕組むところで頭が爆発するかと思いました。仲良しだ。

 

初演よりもアホになっていて大変可愛らしくなっているおバカ兄弟。才蔵様になぜ付き従うようになったのか、すごく気になる。

2人で何から言う時は弟がちょっとズレているというのを見てふふっとなりました。元々盗賊として泥棒していたのに、それが悪いと思っていないというか、悪い事と知らない節があるのでどう育ってきたのかこの2人は…。わりと序盤から出ていて最後まで生き残るのに謎が多い気がする。逆に謎が特に無いのか。どっちなのでしょう。

個人的には、才蔵様に言われて猪を狩ってきて背負っているシーンが可愛い。猪をよしよししていたのを見てほっこりした。(食料にされる予定の猪である)

 

六郎ちゃんが凛々しくなっている…!!そしてコナン君ではなくなっている!!衝撃的。栗山さんの六郎ちゃんはちゃんじゃなくて六郎ですね。ちゃん付けではないな。やはり推しが演じていたからやはり比べてしまうのですが、栗山六郎はすらっとしてガタイが良くて(推しさんが小さいわけでは決してないです。)武士といった見た目なのにたぶん甚八の次に弱い。甚八よりも覚悟があって戦っている辺りで六郎の方が強いと思ってます。お館様(幸村)が実はヘタレだと知っていても、最期までお館様を慕っていてやはり辛くなります。最初に亡くなってしまう十勇士ですからね…。

大助様の役の望月君、ひとつ年下という事をさっき知ってめちゃくちゃびっくりしてます……お顔が少年みを感じるのに、身長は170cmをこえてて成長期だぁと感想しております。年下や同い年の役者さんを見ると、私がぐうたらしたり舞台に通ってヘラヘラしているのがなんとも言えない感情に襲われます。声も通ってて殺陣もお芝居もしっかりしていて、将来すごい役者さんに成るのかなぁと私は真田を見る度に思うのでしょう。

望月はめちゃくちゃ訛ってて、より愛らしいちょっと可愛いキャラクターになっていてほのぼのする…癒しが多い舞台だ…望月も生き抜くため、大助様とお館様を守るため戦わなければならないから剣の腕を磨いた、といった感じでいいです。戦闘狂なキャラも好きですが、戦いは好まないけど戦わなければならないキャラは抱えているものがある風なのは感情移入出来ますし、必然的に好きになります。

まとめた3人がみんな亡くなるキャラで鬱になりそう。(真田十勇士は鬱になるような舞台では無いです。たぶん。)

 

家康らと共に敵役として描かれていていますが、単純に裏切られるのが嫌いなのかなぁと思います。里を抜けた佐助と才蔵様、スパイだったけれど裏切った十蔵。

才蔵様との一騎打ちは演出と映像が凄くなっていてド派手に散っていってしまった…でも仙九郎なんか生きてそうだけどね。なんとなく。

 

 

とりあえずは……キャラ別に書きました。お館様とかについても書きたいんですが、物語のテーマというか核に触れてくるので、もうちょっと考察を重ねてから書きたいです。

驚くほど長くなってしまいましたがこれからどう印象や感想が変わってくるのか、楽しみです。

*1:語彙力も文章力も、見ていない人に対して分かりやすくあらすじなどを書く能力が全くない

*2:WOWOWとかで放送してたけど見れていない

*3:幼き頃に見た仮面ライダーカブトが原因説

同拒だけど同拒じゃない

推し関連 雑記

 

なんだか、前にTwitterのトレンドになぜ入ったのかは分からないけど「同担拒否」というワードがありました。

そこから同担拒否についてなんとなーく考えてみたのですが、以前応援スタンスで書いたように、私は同担拒否、若俳おたく用語(?)でいうと、同厨拒否では無いです。

本文より抜粋&簡潔にまとめると、

基本的に合わない人は誰厨でも苦手。
どんな事情があろうとも、現場入らないのにレポやブログを読んだだけで行った気になったり、知ったかぶりしてドヤ顔してる声が大きい在宅茶の間が苦手。無課金は偉そうな顔しちゃダメだと思ってる人間なので。

と、この記事を書いた私は思っていたみたいですね。在宅(お茶の間)についての話題を掘り下げたのがこちら↓

 

まぁそこそこクズな事書いてる自覚あるのでわざわざ抜粋するのはやめておきましょう。。

 

さてさて、そこでふと思ったのが、

「私無課金以外も普通に苦手だったり嫌いな同厨山ほどいるくね?」

いや、本当に同厨の友達少ないんです私。今仲良くしていただいてる方に感謝しか無いんですけど、なぜそんなに少ないのか。私は同拒ではないのに。

 

まず私は、ガチ恋、リアコ*1などに分類されるような感情は、全く推しさんには無いんですよね。

恋というよりかは信仰心に近い感情かな?「俳優」としての彼がとにかく好きで、舞台に立つ姿、彼のお芝居や歌、ダンスなどがただただ好きで、推しさんの活躍を見る度に沢山の幸せを貰ってきました。「俳優」としての彼が好きなだけで、俳優ではないただの男性である推しさんにはあまり興味がないのかもしれない*2。推しさんは神様、と言っても過言では無いぐらいに私に沢山の幸せをくれた、くれる方だし、天上人なんじゃないかと思ってるくらい私の中で推しさんは「凄い人」になってしまっているんですね。

それ故に「俳優」としての推しさんは完璧な人間以上の何かだと思っている節があるので、何かあったらこの信仰心は脆く崩れそうでもあります。崩れる前におたくを辞めるのか、崩れた時におたくを辞めるかはまだ分かりませんね…。

話が少し逸れましたが、私はNOTリアコおたくであり、推しは神様です!な信仰系おたく*3です。なので、私のイメージに過ぎないのですが、リアコの方はやっぱり同拒の方のが多いなと思っています。だって好きな人(推し)が同じ人とは仲良くし辛いでしょうし。そんなリアコおたくの方々はやっぱり同拒が多い、と仮定しておきます。

でも、わたしの推しとはあまり関わりのない、若手俳優の推しを持つリアコおたくの友達は基本同厨拒否なんですが、「私は○○(その子の推し)の事が恋愛感情として好きだけど、逆にリアコじゃない同厨とは張り合う必要があんまりないから仲良く出来る。」と言っていたのでリアコおたくにもいろいろあるんだなぁと思いました。リアコじゃないから全く分かんないんだけども。(推しさんの演じたキャラやなんらかの舞台のキャラに夢を見ることはあるけれどそれはまた別問題。難しい。)

 

話が逸れまくりましたが、これで「私がリアコだから、無課金も含めて同厨と仲良くできない!」という理由により同厨の友だちが少ない&苦手な人が多いという訳では無いことが証明?されたのですが、逆に仲良い(と一方的にでも思っている)同厨さんの共通点を挙げていこうと思います。

 

  • それとなく私の応援スタンスと似ている

やっぱり、現場は全通!ガンガン行くぜ!なガッツの方とか、自分が見たい回数適当に見れればいいや!な方(私はこの辺り)など、色んなスタンスの方がいるけど、ある程度だったり部分部分が自分と合っているとやっぱり話が弾んだり、現場入れよ!的な嫌ないさかいや空リプなんかが起こらなくていいから自然と仲良く出来ますよね!?

 

  • 人間性が好き。同厨とか関係なしに仲良くしたいと思える方。優しくしてくれる。

なんかただの友達に求めるものみたいになってきました。スタンスはあまり合わなくたって、現場とかで会って話したり、Twitterで交流しててすんごい楽しかったり面白い方だと「また会ってお話したいな~」と率直に思います。

 

  • なんかガッツのある方

これは仲良くできる、というよりか尊敬できる方って感じ。ガッツのある方、というよりかは私より現場入ってたりプレやお花は欠かさず。みたいな方なんかは普通に尊敬します。推しさんにより貢献してる、って言ったらなんか違う気もするけれど、憧れはします。金欠学生なもので。私は張り合っちゃうとかはあんまり無いかな。

 

とまぁ、大体こんな感じなのですが、まず私の中でこのような方々が少ないって事ですね。悲しかな。さらに苦手、嫌いなタイプの同厨(これを読んでいるかもしれない同厨の方々、個人名は出しませんし、個人が分かってしまっても心の中に留めて置いてください。)を挙げていきます。

 

  • 年齢が離れすぎている方

苦手ってだけです。やっぱり同年代の女の子の方が話しやすいかな~ってのが本音だったりする。なんというか、社会人だったり何歳も年齢が離れている方と話すとなると緊張するし、何を話せばいいか分かんなくなりそうで。普通に推しさんの話でもすればいいんですけど。なんかお互いに気を使いそうなのでもドキドキしてしまいます。

 

  • 群れて(?)ロビーなどを陣取っている方々

うん。普通に邪魔です。通路や物販の迷惑にならないようなところで普通の声で話してください。って思います。私も無意識にしていたら嫌だなぁと思っているので気をつけてはいるつもりです。中心人物的な人がいていわゆる囲い?みたいな感じも見ててなんとも言えない気持ちになります。なんとなく不快感がある。前に現場あった会場の最寄り駅のホームで電車待ってたら、開演前にキャッキャと高い声ではしゃいでいた中心人物的な方々とその囲いの方々が現れて「駅でまでも!?」と衝撃を受けた思い出。中心人物的な方がかなり特徴的なのもあり、囲いの方々も含めてもう覚えましたよね。現場ある程度行ってたらおまいつ同厨もおまいつって程でも無い人も覚えちゃうよね。

 

  • 歳相応の身なりをしていないおばさま

う~ん。あんまり書いたら悪口みたいになるので…やんわり書くと、推しさんの現場、特に個人イベントに行くと、まぁファンの年齢層がなんとなーくわかるのですが、おばさま・マダムといったような方が大変多いです。私と同い年ぐらいの人滅多に見かけない。ちなみに私より年下っぽい同厨さんはことないかも。Twitter上でもなかなか見ない。普段仲良くさせていただいてる方々は学生の方が多いです。先述した通り、けっこう歳の離れた年上の人となに話せばいいか分かんないしね。まぁそんな、かなり謎い年齢層のファンを持つ推しさんなのですが、「えっ、おばさまっぽいけどその服装!?メイク!?」みたいな方とかもいたりいなかったり…個人的には歳相応の身なりしていない人は痛いなぁと思ってしまうので…もにゃもにゃ

 

  • TO気取り

ア、アウトーーー!!!とにかく苦手かつ嫌いです!実際TOだったとしてもそれ気取ってるとイラッとくるのは仕方が無いことだと思います。強そうでしょアピとかも正直Twitterで見てて何なんだろう。と真顔になります。難しいね!まぁ金出してる奴が偉いという世界なのでどうぞ勝手に威張ってくださいとも思いますけどね。入る回数に勝ち負け優劣なんて無いけど、私よりも入ってなかった方が強いおたくアピしていたのはちょっと面白かったです。回数入ったら強いって訳でもないけど、私ごときにまけてるのにアピるんだ…とぶっちゃけ愉快になってしまった。私の性格悪さが滲み出ていますね!

 

  • 解釈違い

解釈違いっていうか、いわゆる推しさんに対する感情だったり扱いの違いです。無課金じゃなくても、貶し愛も苦手だしクソコラを鍵無しでばらまいて反応稼ぎしてるのにもイラッてくるし、無断転載なんてもってのほか。アニメ漫画の仮想キャスティング?みたいなのに推しの名前とか画像載せてる奴居たらスパブロキメてます。ハイ。信仰心系おたくとしては「は?神をお前らの反応稼ぎのために使わないでくれます??」って謎に怒り狂います。そこまで狂いはしませんけど。Twitterとかなら静かにそっと報告したりスパブロしておしまいです。仮想キャスティングもさ、身内で「○○は△△合うと思うの~!」って鍵なんかで盛り上がってりゃいいのに、わざわざ公開垢でする意味が分からないので全て反応稼ぎと見なしてます。なんだかんだこういう事する人は在宅茶の間の方々がしてるイメージなので書く必要無かったかな。まぁいいや。

 

なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

ただ単に「苦手なタイプの同厨多すぎて同拒するしかないじゃん!」って結論になりました。いや、ほんと今仲良くしてくれている方々には感謝しかないです。他厨の方は特に無課金以外だったらなんの好き嫌いも特に無いのですが私みたいな問題だらけおたくと仲良くしてくれてるってだけで素晴らしく心の広い方だと思う…。私の心が狭すぎるだけとも言える。

だから、「同拒だけど(苦手な同厨多すぎるから仲良く出来ないのであって)同拒じゃない」というタイトルでした。

 

寝れないからとアホみたいな文を4000字程度書いてしまったことを悲しく思います。まだまだ書きかけの下書きあるのにね。早くそちらも完成させていかねば。とりあえず、今から寝る気分にはなれないことをお伝えしておきます。

*1:アル恋の略称?一般的な呼ばれ方?

*2:プラベの事や写真、ブログを見る事は大好きです。あれも俳優としての彼なので

*3:こんなジャンルあるのかは知らないです。

ただ旅行が楽しかったという話

日記

 

最近、ブログの更新が滞っています。理由としては、「なんかよく分かんないうちにまだ四割しか書けてない記事が5000字超えそう」「書きたい題材が多く、ちまちまと色んなこと書いてたら題材増えすぎた」「日常生活荒れすぎ&忙しすぎ」などアホほどあります。

そのちまっと書いていたもので、一番早く、かつ短く終わりそうだった記事がこれです。タイトルの通り、俳優は全く関係ありません。ただの日記です。

まあ暇なときなんかに流し見てくださいな。

 

 

先日、家族旅行和歌山県に行ってまいりました。白浜周辺。

私の家庭はスタートがいつも遅くて、母以外が(特に私)朝に弱いせいで朝一番から出かける、とかは全く無く、さらに渋滞につかまったので予定より遅くなり、昼過ぎ(14時頃)に和歌山に着き適当に市場をぷらぷらしてから泊まる宿泊施設に行ったのですが、とにかく素敵で…!

 

とれとれヴィレッジという、発泡スチロール*1でできた丸いドーム型の家(?)がポコポコと並んでいて一つの小さな町のようになっているところに泊まらせていただきました。

前々からテレビで見たりなんかして行ってみたいな~と、もそもそしていて、毎年恒例お盆休みの家族旅行が和歌山という事を聞いておっ?と思ったらまさかでした。

 

f:id:mmm7363:20160816020936j:image

 

こんな感じ。石畳の道とドーム型のお家の景色が、どこか違う世界でとても綺麗。異国的というべきでしょうか。ちょっとカプセルハウス*2みたいにも見える。

とれとれヴィレッジ内にはドッグランもあって、部屋によってはペットOKらしく、ワンちゃん連れのお客さんもいました。完全個室なので、小さな子供連れの方もたくさんいたり。普通のホテルなんかだと、夜泣きとか子供さんが暴れたりしたら周りに気を使いますもんね。ちょっとしたアスレチックが出来たりする公園もあるみたいで、私がもっと小さな子供だったら大喜びだったなぁと。あと私が泊まったところは普通でしたが、外装がパンダの顔のもあるみたいでした。可愛かった。

 

お部屋もすごく良くて、部屋風呂*3もトイレも洗面台もキレイで、6人で宿泊したのですが、そこまで狭くなかったです。2~4人部屋だとベッドがある部屋もあるみたいです。友達同士とかカップルでの旅行にも良いですね。(彼氏は今のところいないので)友達と旅行で来たいなぁ。全体的にキレイで非日常的空間でした。それと、部屋の内部もドーム型なので、音が反響してちょっと面白かったです。

 

夕ご飯を食べに連携施設へ行く前、展望台に登って景色を見てみたのですがほんと綺麗で!

 

f:id:mmm7363:20160816024504j:image

 

(夜景撮るの下手くそ過ぎるのはスルーでお願いします。)

全部屋についている天窓と窓から光がポコポコと漏れて綺麗すぎる!写真を送って自慢してた友達に星みたい!って言われて納得しました。素敵だ。残念ながら曇ってたので天窓から星は見えませんでした。残念。

それでも施設とかも充実していて、一つ一つの部屋が違うらしいのでまた泊まってみたいなぁと思いました!

とれとれヴィレッジ、和歌山県への旅行の際にオススメです!(宣伝)(回し者でもない)

南紀白浜で宿泊ならドームハウスのとれとれヴィレッジへ

↑公式HP。

 

 二日目は和歌山アドベンチャーワールドに行って、パンダやらペンギンやらカピバラにわーきゃー言っておりました。

 

f:id:mmm7363:20160816025412j:image

 

f:id:mmm7363:20160816025802p:image

 

たくさん写真撮りすぎたので選抜として、あざといパンダさんと、ペンギンいすぎてもはや狂気を感じる写真を。

カピバラに100円のエサをあげたら全部1回で食べられて、さらに冷たくされたのでもう100円だしてあげても冷たくて、私はカピバラのオキラなんだなぁと思いました。がめつさが凄まじかったのでやはり関西人の血が流れてるのかしら(?)

 

とにかく総括としては、和歌山県イイね!って事です。せっかく海沿い行ったのに泳いでないけど。来年はどこへ行くことやら。そして私の下書きはいつ消費されることやら。

*1:正確には強化発泡スチロールというもので出来ているらしい

*2:ドラゴンボールに出てくる、なんかカプセルに入れて小さくできる家

*3:少し離れたところに連携施設の温泉もある

ドルヲタの伯父と俳優ヲタの姪

雑記

 

どうも。アイワズライト2日目お疲れ様でした。3日目も引き続き楽しみです。今回は見る度に違う感想持ちそうで、毎回感想をメモるという謎のマメさを発揮してます。

 

さてさて、連日でのブログ更新になりますが下書きでちょこちょこ書いていたのが完成(?)したものなので、アイワズライト全く関係ないし、俳優もあんまり関係ないです。

 

まぁ、挨拶はこの程度にしておいて、本題に入ります。

 

 

私には、母の兄、つまり伯父がいます。そして、その伯父はドルヲタです。
私ぐらいの年頃の娘がいる母の兄の歳で、独身男性でドルヲタ。

 

一般的には痛く見えるかもしれないけど、身内だから客観視はあまり出来ていないところがある。私にとっては、昔からよく遊んでくれて、母の実家に帰省した時には(実家住まいなので)一緒にご飯を食べに行ったり、たまにお小遣いをくれたり、遊びに連れていってくれたり、父より年上だけど、私には兄が居ないからか、すごく年の離れた兄のような存在である。なので一般的には痛いのかもしれないが、私には伯父が痛いのかはよく分からない。

 

そんな伯父は、いつの間にかドルヲタになっていた。
何年前かも忘れたけれど、いつも帰省した時に見た伯父の部屋には元々、グラビアモデル(?)だったりアナウンサー(?)のカレンダーなんかが飾られていたはずが、いつの間にかその場所には、AK●48のメンバーのポスターやカレンダーが飾られていました。見たことのない、綺麗で買ってからさほど経ってないであろう棚には、何枚も同じCDやDVDが並んでありました。
私は冷静に「まじか」と思ったけれど、母は「そんな歳にもなってまたそんなのにハマったのか」と違った意味で冷静だった。

 

伯父はジャンプで連載しているかの有名な海賊漫画がとても好きで、少年漫画やアニメが好きで、部屋には赤髪のシャ●クスやサ●ジ、(特に詳しく無いので分からないが)エ●ァンゲリオンのフィギュアだったりが置いてあって、私は「伯父はアニメとか漫画とかが好きな人なんだ~」とテキトーに思っていた。
が、母いわく、元々学生時代からアイドルだとかその辺も好きだったらしく、大人になりしばらく熱は収まっていたものの、姪っ子がそこそこ育っているぐらいの歳になって、アイドルに再熱してしまったらしい。

 

恐ろしい。
まず、私の身内はみんなジャンルは違えどオタクなのだ。
父は(だいぶおさまったけど)特撮オタク。
私と母は、推しは違えど俳優オタク。
姉はバンギャ*1
そして、伯父はアイドルオタク。

 

私がオタクになるのは遺伝子的に決められていたのでは無いかと思わせられる恐ろしさ。

それと同時に、私は今学生で、自分で言うのもなんだがまだ若い。私は、推しさんが好きで応援し続けたいと思ってはいるけれど、何かあったり、応援し続けられない状況になる可能性だって充分にある。大人になったら落ち着くかもしれない。
しかし、伯父の例を見ていると、伯父と同じように、私が姪っ子や甥っ子をもつような歳になってからまた俳優オタクと化す可能性も十分にある。恐ろしい。
オタクは離れたジャンルから足を洗いきれてない。ユニット、俳優などは違っても、そのジャンルから綺麗さっぱり足を洗うのって難しいのだな、と伯父を見て思うんです。

 

たぶん、伯父はアイドル達に恋愛的感情を持っている訳ではないみたいで、でも何かに熱を注いでいると、他のことが蔑ろになるタイプの人間だった。だから、アイドルに熱中しすぎて婚期を逃した感はあるし、本人も結婚するつもりはもう無い、と断言している。
私は16(今年で17)にして、ただただ「孤独死はしたくない」と怯えてはいる。ただ漠然と一人ぼっちは寂しい*2と考えているだけなのだけれども。


しかし、伯父は、独身で実家住まいの会社員。時間さえどうにかすれば、オタク活動やりたい放題である。いつも、たくさんのグッズやCD、ポスターや直筆サイン入りカードに囲まれた部屋に居て幸せそうだし、握手会などに行き、休みには新潟など遠くに遠征してペンライトを振り、遠征は歳だし疲れると言いつつも、ライブの内容、ヲタとのエピソード、推しの話をしている時はとても楽しそう。

 

高2の夏での帰省で、「結婚できなくても歳とってオタクしても、幸せならそれでいいのかな」と謎に悟ったのでした。

 

今は48Gでは飽き足らず、坂道シリーズの現場にも足しげく通っているようで、とても楽しそうです。帝一に出ていた乃木●のキャスト2人の話をして盛り上がりました。もも●ロのライブにも行ったことはあるけど、おっさんには体力的に厳しいとのこと。最近の悩みは、某チケットプレイガイドからの若俳舞台の宣伝メールが多すぎる事らしい。名義を貸してくれてありがとうございました。


とにかく、年をとって結婚をしていなくても、オタクをしていて楽しそうな伯父は、きっと来年も楽しそうにドルヲタをしている事でしょう。

*1:バンギャをオタクとして入れてしまっていいのかは分からないけど、何かに熱狂的になっている意味で入れておきます。

*2:まどマギの杏子ではありません。